3d-cadシステムを用いた鎖骨の三次元形状比較

  • 中原龍一,野田知之,島村安則,ほか
N/ACitations
Citations of this article
2Readers
Mendeley users who have this article in their library.

Abstract

【目的】当院では骨折症例に対してCT画像をもとに健側鏡像の立体模型か実寸大の左 右反転図を作成し,プレベンディングを行っている.この方法は骨の左右差が少ないことを前提と しているが,どの程度骨の左右差があるかは不明であった.そこでCADソフトを用いてCT画像 を三次元的に比較するシステムを構築し,プレベンディング法を最も利用している鎖骨を対象に左 右差を検討した. 【方法と対象】解剖実習で摘出した屍体の左右の鎖骨16対をCTでi撮影し, CADソフトを用いて 三次元的な左右差を検討した. 【結果】骨幹部のカーブ形状に左右差は少なかったが,径の左右差は認められた. 【考察】径の左右差はあるがカーブ形状に左右差はなかったため,鎖骨に関してプレベンディング は有用であると考えられた.

Cite

CITATION STYLE

APA

中原龍一,野田知之,島村安則,ほか. (2012). 3d-cadシステムを用いた鎖骨の三次元形状比較. 骨折, 34(2), 265–268.

Register to see more suggestions

Mendeley helps you to discover research relevant for your work.

Already have an account?

Save time finding and organizing research with Mendeley

Sign up for free