Gremlin Plays a Key Role in the Pathogenesis of Pulmonary Hypertension

  • Jonker F
  • Verhagen H
  • P.H L
  • et al.
N/ACitations
Citations of this article
2Readers
Mendeley users who have this article in their library.
Get full text

Abstract

背景: TEVARは破裂性下行大動脈瘤の治療においてより侵襲の少ない術式である.この疾患の発生頻度が低いため,破裂性下行大動脈瘤におけるTEVARのアウトカムとアウトカムに影響を与える因子についてはほとんど分かっていない. 方法と結果: 7つの施設において,2002年から2009年にかけて施行された,破裂性下行大動脈瘤に対するTEVAR治療,87例の後ろ向き研究である.平均年齢は69.8±12歳,男性が69%を占めていた.ショック例が21.8%,循環動態不安定なものが40.2%であった.30日以内の死亡率は18.4%であり,年齢を補正するとショックと入院時の血胸が予後を悪化させる因子であった.脳梗塞と対麻痺の発生は8.0%,30日以内のエンドリークは18.4%にみられた.観察期間の中央値13ヶ月でさらに4例が治療に関連して死亡していた.4年死亡率は25.4%であった. 結論: 破裂性下行大動脈瘤に対するTEVARでは推奨される結果が得られた.TEVARでは相当な神経学的合併症やエンドリークを伴っていた.

Cite

CITATION STYLE

APA

Jonker, F. H. W., Verhagen, H. J. M. H. J. M., P.H, L., Heijmen, R. H., Trimarchi, S., Lee, A., … Jonker, H. W. (2010). Gremlin Plays a Key Role in the Pathogenesis of Pulmonary Hypertension. Circulation, 121, 2718–2722. https://doi.org/10.1161/CIRCULATIONAHA

Register to see more suggestions

Mendeley helps you to discover research relevant for your work.

Already have an account?

Save time finding and organizing research with Mendeley

Sign up for free