Skip to content

Relationships between particles, cloud condensation nuclei and cloud droplet activation during the third Pallas Cloud Experiment

by T. Anttila, D. Brus, A. Jaatinen, A. P. Hyvärinen, N. Kivekäs, S. Romakkaniemi, M. Komppula, H. Lihavainen
Atmospheric Chemistry and Physics ()
Get full text at journal

Abstract

エアロゾル、CCN、雲粒の同時観測はフィンランド北部に位置して地上ベースのサイトで2009年の秋に行われた第三のパラスクラウド実験( PACE - 3 )の一環として実施された。 本研究では、エアロゾル特性、 CCNとサイズ分解雲粒活性との関係を調査する 調査した曇った期間、雲粒数は基本的に50-150cm-3の範囲で変化し、100nm以上の粒子とSS0.4%のCCNと線形相関した。さらに50%活性粒径は80-120nmであった。測定したCCNと粒径分布とサイズ別化学組成を用いて予測したCCNを比較した。水の表面張力を仮定したところ測定値と予測値は一般的に30%の範囲で一致した。また以前開発された気塊モデルでサイズ依存雲粒活性を予測した。 観測値と一致するような上昇速度と最大過飽和度を逆算した。sensitivity studiesから雲粒数の変化は主に粒径分布によって変化する一方で上昇速度、化学組成の寄与は少ないという結果になった。この結果は北極に近い正常な空気ではCCN数によって雲粒数が決定する先行研究と一致した。

Cite this document (BETA)

Readership Statistics

14 Readers on Mendeley
by Discipline
 
43% Earth and Planetary Sciences
 
21% Environmental Science
 
7% Chemical Engineering
by Academic Status
 
36% Researcher
 
29% Student > Doctoral Student
 
14% Student > Ph. D. Student
by Country
 
7% United States
 
7% Canada

Sign up today - FREE

Mendeley saves you time finding and organizing research. Learn more

  • All your research in one place
  • Add and import papers easily
  • Access it anywhere, anytime

Start using Mendeley in seconds!

Sign up & Download

Already have an account? Sign in