Skip to content
Journal article

Revolution of the reference management tool and its huge potential power to scholarly communications : The future of scholarly communications described by CEO of Mendeley Ltd.

Henning V ...see all

Journal of Information Processing and Management, vol. 55, issue 4 (2012) pp. 253-261

  • 72

    Readers

    Mendeley users who have this article in their library.
  • N/A

    Citations

    Citations of this article.
  • N/A

    Views

    ScienceDirect users who have downloaded this article.
Sign in to save reference

Abstract

私たちがMendeleyの開発に着手した理由は私た ち自身が研究者だったからです 人は博士課程の学生でした研究に必要な文献が無 秩序かつ膨大にある中でそれらを効率よく整理し たり文献間の関連性を見いだしたり自分が読ん だ文献に対するアイデア考察などを忘れずにとっ ておくよい方法がないという問題を抱えていまし た例えば当時私が使用していた文献管理ツール ではデータ入力を手作業で行わなければならず 追跡管理も自分で行う必要があり全文検索もでき ませんでした そこで私たちは音楽の世界におけるiTunesの ようにPDFファイルをインポートするとすべての 研究論文が自動的に整理され自分に必要な情報が 抽出されるようなソフトウェアを学術研究の世界で 作ることを考えましたMendeleyはこのような経緯 アイデアから出発して試作品開発製品化に至っ たわけです

Get free article suggestions today

Mendeley saves you time finding and organizing research

Sign up here
Already have an account ?Sign in

Authors

  • Victor Henning

Cite this document

Choose a citation style from the tabs below